地球温暖化が原因で発生する異常気象。

 

「異常気象」と言われると、大型台風や大雨による洪水、干ばつなど思い浮かべますが、案外身近なところで異常気象は発生しています。

 

毎年毎年、「猛暑」や「暖冬」と言われていますね。

 

四季は1年サイクルでやってきますので、去年の暑さなんてあまり覚えていられませんが、安気に考えていては大変なのです。

 

地球温暖化の主要因である二酸化炭素の大気中濃度。

 

「環境」とか「地球温暖化」と騒がれていますが、ヨーロッパ諸国と比較して日本はCO2削減に対してあまり対策を行っていません。

 

石油や石炭の化石燃料を燃焼させることによって二酸化炭素は大量に排出されます。

 

地球の豊かな植物は二酸化炭素を吸収して、酸素を作り出してくれますが、排出量が多すぎて追いつかない現実と、森林伐採などによる木々の減少により二酸化炭素濃度はどんどん高くなっています。

 

二酸化炭素の濃度が高い温室効果ガスの中で、気温が上昇し続けることは、ビニールハウスの中で暖房をたいている様なもので、時間と共に温度がどんどん上昇することと同じなのです。

 

地球の環境は、太陽からの熱もありますので更に気温は上昇する傾向にあります。

 

現在地球の置かれている状況は、そのビニールハウスの様な状態になりつつあるのです。

 

特に巨大なビルが密集する大都市の東京や大阪、名古屋に至っては気温の上昇が激しく、地球温暖化の影響が顕著に現れる場所でもあるのです。