地球温暖化や地球環境を考えた場合、ごみ処理問題を欠かす事は出来ません。

 

豊かな植物、生物が存在する地球は、様々な資源があふれています。その資源が無ければ地球上では生きていく事さえ出来ないですね。

 

一方で、その豊かな資源を利用した製品が開発、生産される度に不要なごみが増え、限られた資源が無駄になっている事実もあります。

 

ごみを処理すること自体にも資源が必要ですので、二酸化炭素の排出など地球温暖化にも環境にもよくありません。

 

それに莫大な税金も使われています。

 

ここ最近になって無駄なごみを排出しない、資源を大切にするリサイクル活動が世界中で活発に行われています。

 

ごみを減らす事は、環境にも経済的にも非常に有効な今私達が出来ることではないでしょうか?

 

 

■4R運動

良く耳にされる3R運動に加え、近年では4R運動を推進しています。

 

1.リフューズ(Refuse)

「断る」と言う行為です。

スーパーのレジ袋、過剰包装など不必要なものは要りません、と断って下さい。

 

2.リデュース(Reduce)

「減らす」ことです。

現在ではごみ袋もひとりひとりが購入する時代になりましたね。

ごみを種類別にきちんと仕分けして、又、ごみを減量することはとても大切な行為です。

 

3.リユース(Reuse)

「再利用」すると言う意味です。

物があふれている現在、すぐに新しいものに買い換えする場合が多いですね。

しかし使えるものはなるべく使用して、仕方ない場合には再利用出来る様にリサイクルしましょう。

 

4.リサイクル(Recycle)

「再資源化」のことです。

限られた資源を何度も使用することは当たり前ですね。

ごみをしっかり分別しましょう。