犬がトイレを失敗したらあなたはどうしますか?

 

犬にトイレをしつけようとして必ずあるのが失敗ですよね。

 

トイレ以外のところでトイレをしてしまったりすることって言うのはよくあることです。

 

そんなときあなたは犬を怒ってはいないでしょうか?

 

犬のしつけ法

 

トイレのしつけの時には犬を叱っては絶対にいけません。

 

トイレを失敗したときに怒ってしまうと、犬はその場所でトイレをすることが悪いことだという風に認識はせずに、トイレ自体が悪いことなんだと認識してしまう可能性があります。

 

そうなってしまうと困ったことになりますよね。

 

トイレを失敗したときには黙って掃除するようにしてください。

 

ここで気をつけなければならないのは掃除するときには消臭剤でにおいをとるようにしましょう。

 

また、犬のトイレの失敗の時は仕方ありませんが、きちんとトイレができるようになったらきちんと褒めてあげるようにしましょう。

 

褒め方はただ褒める、お菓子をあげる、遊んであげるなど色々ありますが、お菓子だと一日に何回も与えてしまう結果になってしまうので、褒めてあげたり遊んであげたりするのがいいかもしれません。

 

褒めることで犬との信頼関係を築いていくという方法が、森田誠さんの犬のしつけ法です。

 

愛犬が可愛くて仕方がないという飼い主さんにとって、一番取り組みやすい犬のしつけ法だと思います。

 

こうやって褒めてあげることを何回か繰り返すことで、この場所でトイレをするといいことが起きるという認識を犬に与えてあげることができます。

 

トイレのしつけというのはとても重要なしつけです。

 

わかりやすく、かつ根気強くしつけていくようにして褒めるということも上手に取り入れていくようにしましょう。